オーガニックってなんだと思います?

・人や環境に優しい?
・農薬や化学肥料を使わない?
・健康的なイメージ?

多くの人がこんな風に考えているのではないでしょうか?

オーガニックの真価・可能性はもっともっと多面的です。オーガニックがなんであるかを知るには有機の国連とも言われるIFOMA(国際有機農業運動連盟)という国際 NGOが策定した有機農業の4つの原理を知ることが先決。

早速簡単にみていきましょう。

 

有機農業の4つの原理
健康の原理

人や動物の健康は、健康な植物があってこそ初めて成り立つもの。そして、その植物が健康に育つには、健康な土や水などの自然環境がなくちゃいけない。私達の周りのものがすべて健康でなければ、私たち自身の健康が成り立たない。こういった考え方から、有機農業では、人・動植物・地球の健康を害する危惧のある化学肥料、農薬、動物用薬品、食品添加物の使用はできるだけ避けるというのが方針になっています。

⽣態的原理

有機農業は、生態系のバランスに沿って営まれるべきであり、農業の営みに無理やり合わせて生態系を壊してしまってはならない、とされています。だから、生態系にとって異物となる資源の投入は最小限に抑え、すでにある資源を生態系の中で循環させることが有機農業では大事なんです。その土地に昔から生息していた在来品種を育てることが有機農業で強く推奨されているのもそのため。
この原理の中に、もう一つパワフルなメッセージがあります。それは、「自然環境は、生態系に生きるみんなで保護しよう。その代わり、その恩恵をみんなで享受していこう。」という力強いメッセージ。「みんなで守り、みんなで分かち合う。」うっとりしてしまうような美しいオーガニックの世界観です。

公正の原理

この原理では、有機農業に関わるすべての人が「公正な関係で結ばれ、全ての命が質、量ともに十分な食事を取り、より良い生活が提供されるべきだ」と主張されています。だから、オーガニックは、貧困撲滅に貢献し、フェアトレードを推奨し、児童労働を徹底的に禁止するそういう側面をもっています。

人だけではないです。動物も公正な機会や条件が与えられるべきだとされています。動物らしく自然体で健全でいられることが保障されるべきとしています。ここは、動物福祉の考えのベースになっているもの。オーガニックコスメ認証団体が動物実験を禁止しているのも、そのためなんです。

「公正の原理」のさらにすごいところは、今生きる私たちだけがフォーカスされるのではなく、私たちの子供の世代、更にその子供たちを超える次世代の人々にまで美しい自然を残していく、資源や尊い命を託していく必要があると謳っていること。

配慮の原理

有機の世界でも、生産性の向上や効率化を目指すことは「悪」ではなく、むしろ当然のことのように奨励されてきました。ただし、ここで使用される技術やその技術開発が「決して、誰かを苦しめるものではない、そういう技術を選びましょう。」「そういう技術開発をしていきましょう。」というのがこの「配慮の原理」の趣旨になります。

なぜこういった配慮が必要かというと、現在人類が知り得ている生態系や農業の知識はごく一部でしかないから。使用される技術が誰かの健康や幸せを脅かすかもしれない。そういったリスクを誰かに負わすのではなく、すべての命がよりよく生きられる技術のみ使用する。
これが有機農業が目指す基本姿勢です。

有機農業で遺伝子組み換え技術が徹底して排除されているのは、この技術によって何がもたらされるかの多くはまだ分かっていないからなんです。

この4つの有機農業の原理からわかっていただけたと思うのですが、
オーガニックって、要するに関わる命全てが幸せであれる仕組みなんです!

日本ではオーガニックと聞くと単に、製品を受け取る私たち消費者にとっていいものだと思われがちです。「肌に優しい、安心安全、健康に良い」。
しかし、オーガニックの本当の可能性はもっともっと立体的。

どんな製品も、作り手→売り手→買い手といったステップを踏んで、私たち消費者の元に届きます。

オーガニックの世界が目指すのは、この行程に関わる人、動植物、微生物などの目には見えない小さな命、次世代のまだ見ぬ命、自然環境まで含めて、全てが公正な関係で繋がり、その健康が確保され、生態系のバランスに沿った生産活動が技術配慮がなされた状態で営なまれることです。

つまりオーガニックというのは、時や場所を超えて関わる命全てが幸せである仕組み

私は、こう言うたくさんの可能性を持つ
オーガニックコスメをみなさんにお届けすることで
世界中に幸せの種をたくさんまいていきたいと思っています。

おしゃれがしたいんだけど、できない敏感肌女子、アレルギー肌女子の
みなさんのお手伝いをしながら、

オーガニックが広めていくことで、同時にこの世界を変えていくことができる、
そう私は信じています。

出典:
【オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立体的な姿とは。】

本場ドイツでオーガニックを研究したオーガニック専門家レムケなつこ

URL: http://haccobe.com/what-does-organic-mean/